虎穴が墓穴

放置していたfc2とライブドアから逃げてきました

SSSS.GRIDMAN 9話

みどころ

アカネが欲しかった世界、逃げるように走るアカネ、集うように走るグリッドマン同盟、アンチとキャリバーの会話、話を切り出す六花

所感

またまた悲しい話。

アカネは汗をかかないと言う設定がされているので涙もおそらく流せない*1
だからツツジ台か代わりに泣いてくれている。

なぜ彼女が自分に都合の良い理想世界を構築したか?
ようやくグリッドマン同盟がアカネを救うべき対象と見始めたので
先の話がとても気になる。

人物

新条アカネ

上にも書いたけどツツジ台が代わりに泣いている描写が好き
それとは逆の夢の世界での楽しそうな顔も。

1話の昼食時にアカネの机にランチパックとスペシャルドッグが有るのは
裕太の好みを自分で設定したから喜んで受け取ってくれると思ったのだろうし、
六花や内海も彼女の友達になるべく作ったのに全部グリッドマンに取られてしまった。
夢の世界で全員分断して取り返そうとしたけど結局失敗
彼女が欲しいものはそのやり方では手に入らない事に気づいていない。

ただ、裕太達は本当にアカネが作った人なのかと言う疑問もある
実写加工映像の中をグリッドマンから逃げるように走るアカネや
裕太と一緒に行った墓地のシーンに謎がありそう。

あともう一つ、保健室での六花とのやり取りで
アカネは引っ越してきた設定にした事。
家が隣同士なのだから同じ中学の方が良いのに何故1学期に出会ったことにしたのか?
親が居ないと言うのも人間じゃないという証拠かもしれない。

響裕太

彼氏役だったけど別人に乗っ取られた上、
別の子が気になり始めると言うどうするのよ状態。
両親留守に設定されていたのもアカネはロマンチックな展開を夢見ていたんだろうなと。

「夢だから目覚めるんだよ、みんな同じ」

一番好きなシーンは夢の中でアカネを下の名前で呼んでいて
夢と気がついた時に「新条さん」へ戻る部分。

宝多六花

さてさて、どこまで話をするのか。

アカネとの馴れ初めについて
夢の世界ではなぜか1学期に知り合ったことにされてる。
今のツツジ台においてアカネの都合の悪いことがどこかにあったか?

海将

ボラーに蹴られた脚が痛い……
憧れのアカネと一緒にいる事より本物の友情の方を取った。

グリッドマン

グリッドキネシス、以前も夢がらみの話で使ってましたね。

新世紀中学生

ラストのキャリバーとアンチの会話が凄く好き。
グリッドマンはお前の相手なんかしない」
「何故だ!」
「お前が心を持った生き物だからだ」

尺の都合仕方が無いけどほぼ必殺ロボットとなったパワードゼノン
是非レオパルドンと戦わせたい。

アンチ

キャリバーのセリフが意味深。

アカネが作った怪獣である事は間違いないけど
キャリバーは生き物と言っている。
グリッドマンはアカネを人間と言っているが
おそらく同じ意味だと思う。

グリッドマンもキャリバーも電子生命体を等しく命として見ている。

アンチとアノシラスが会ったらどうなるか?
自分以外の「怪獣」が元々この世界にいる。

アレクシス・ケリヴ

今回面白い人、まぁ、こんな燃えてる人居ないよね。
アンチのことをはぐらかしている所に邪悪さを感じる。

裕太の記憶喪失

どこまでがアカネのシナリオ通りだったのか?
自分はイレギュラーが発生して記憶喪失が起きたと思ってる。

現実との関わり

墓地に問川家の墓があった事については
やはり2015年になにかが起きた説を推したい
その原因がアカネの可能性もあるけど。

あと9.9回のボイスドラマでほうじ茶ラテが腐っていた所からも
深読み出来そうで色々怖い。

夢との相違

アカネが3人が集まらないように接点を分断しているから多少違っているけど
それとは関係がなさそうな部分でも相違がある。

裕太:両親が夢だと居ない、1話だと出張中。
六花:夢では1学期で知り合った感じだが、六花の認識は家が近いから昔からの友達。
内海:……変わってなくね?

*1:アレクシス・ケリヴ紹介するところでちょっと涙がでているけど