虎穴が墓穴

放置していたfc2とライブドアから逃げてきました

自分の艦これプレイスタイルについて

f:id:nbtnk:20180815204058p:plain

第一期最後のスクショ(2017/8/12)

着任時期

2013年12月、日付は忘れました。
土曜日だったので7日?

ランカー?

ランカーではありません、ただし大規模イベント後は稀に三群ランクインしています。
理由はイベント後の弾薬補給としてZ任務をクリアするためです。

普段のプレイ

任務を中心にプレイ、ウィークリー任務は月~水にあ号、東方ツリーと北方が終了。
ろ号他はデイリーのついでに消化、週末は午前中に出撃系デイリー終わらせて後は遠征のケアだけ。
戦果稼ぎやレベリング専用の出撃は基本的にしません。

イベント

クリア状況

初イベントは「迎撃!霧の艦隊」で初イベントで完走、以後はすべてのイベント完走。
次の14春「索敵機、発艦始め!」の頃には司令部Lvが90を超えていたため難易度選択無しのイベントもすべて最高難易度で完走。
難易度選択の付いた15冬「迎撃!トラック泊地強襲」からは全イベント全マップ甲を選択して完走。


ちなみにイベントマップはウィークリー任務がだいたい終わってから出撃してます。
昔は未熟だったのでイベント中はイベント海域へ集中して任務クリア所ではありませんでした。

掘り

基本的にやりません。
15春「発令!第十一号作戦」の時にE6でRoma、15秋「突入!海上輸送作戦」の時にE4でGraf Zeppelinを掘った位です。
(すべて甲で掘り)

攻略

最初の1~2マップはほぼ自力攻略、但しペースが遅いので翌日には先行プレイヤーに1~2マップくらい離されます。
攻略サイトや先攻プレイヤーの情報を参考するのに抵抗はありません。

参考にする物

ルート選択方法、ギミックの手順、各マスの敵編成、パラメータ

参考にしない物

戦術、装備、ルート固定に絡まない編成

戦術と装備はプレイ方針が先行プレイヤーと合わないためほぼ参考にしません。
余談ですが、本来は甲クリアできる戦力を持っているのにWikiや他サイトで公開されている攻略法が合わず、
泣く泣く諦める人の原因はココにあると思ってます。
詳しい話はいつか記事にします。

課金

年にして4万~6万程度です。
17年6月~18年6月で合計58000円位でした(DMMアカウントのポイント履歴情報から算出)

買っている物は母港拡張、ドック拡張、指輪、増設補強、ダメコンが多いです。
女神、補給、ネジは余り買いません、ネジは装備が溢れそうになった時に装備を消費する目的で買います。
資源、給糧は今では買いません、初イベント時は88セットのお世話になりました。


以上、よろしくお願いします。

SSSS.GRIDMAN 10話

みどころ

「本物の人間」は寝たりしない、ましてや夢も見ない、1話冒頭の光の正体判明、アンチがグリッドナイトへ、そして衝撃のラスト。

所感

今回の話の肝は生き物とはなにか?
SSSS.GRIDMANでは心を持ったものと定義されている。
おそらくその出自は問わない、たとえ作り物でも。

マックスの「グリッドマンは生き物の命は奪えない」と言うセリフが代表的
グリッドマンが好き放題暴れても人間は無傷なのかもしれない
3話でアンチと戦うのに躊躇したのは裕太の意志だけではなく
グリッドマン本来の意志も影響していたのだろう

それとは対照的に怪獣に心はなく、人の日常を無条件に破壊する。
アカネの心を宿した怪獣は管理怪獣を破壊し街を焼き払いグリッドマンを追い詰める。
アンチが変化したグリッドナイトによって怪獣が倒されたが、もう街は元に戻らない。

そして凶行に走るアカネ、アカネは生き物なのか?
そうでないとしても、生き物になれるのか?

人物ほか

新城アカネ

今回の話で人間でないことがより強調された。
そして前回と同じく外は雨。
そして人間じゃない自分を怪獣に重ねていてる。

じゃあ彼女は何なのか?何になりたかったのか?
人間に憧れて、人間になりたかったのだとしたら出会った人が最悪だった。
アンチに言った「やっぱり君は失敗作だよ」は自分がなれない物に容易くなってしまった
アンチへの羨望もあると思う。

それとは別に絢に来たときに内海へ答えたセリフ、
「そういう人が要らなくなった物が集まるお店でしょ?」が気になる。

彼女なのか彼女が存在するコンピュータか分からないけど、
それも要らなくなってどこかへ捨てられたのかもしれない。

もしくは絢に来た自分を誰からも友達としてもらえなかった要らなくなった物と認識しているか?

宝多六花

「弱いとかじゃなくてアカネは繊細なんだよ」
その後に続けた「明日も怪獣でないと良いね」は
怪獣が出ない事はアカネの心が平穏だという事を言いたかったのだろう。

残念ながらその友達は心を忘れつつある、
いや、元から無かったのかもしれない。
友達の凶行を目の前にしてしまってこれからどうするのか?

自分はアカネが六花を作ったのではなく六花、もしくは元となる人物が
アカネを作ったのではないかと思ってる。

アンチ

「俺に与えられた命の意味を俺は探す」
自身のオートインテリジェンスによって人の心を知ってしまった彼は
グリッドマンをコピーしてグリッドナイトへ。

自分は暗色のアンチヒーローというかライバルは好きだ。
パトレイバーグリフォンとかその元ネタとされる鉄人28号のブラックオックスとか。

「中の人怪獣」の気持ちが読めるのは自分が元々怪獣だったのと、
くわえてコピー能力のおかげ。
逆にアカネの気持ちをよく知っていると言う事。

アカネとの会話の際、「お前の目は…」からなんと続けようとしたのか
「怪獣のような目をしている」なのか?
「人間になりたいと思っている」なのか?
後者であって欲しい。

海将

世界の心配をしながら期末試験に備えたり
憧れの新条さんから新城アカネ、さらに神様と呼び名を変えている部分とか
切り替えというか割り切りが本当に早い。

響裕太

衝撃のラスト、次回で記憶が戻るらしいが。

冒頭でみずから新条家を訪ねようと行動を起こすシーンが好き
ただドアを開けたらびっくり展開だった。

アレクシス・ケリヴ

前まではアカネが作った怪獣を実体化させてるだけだったが
とうとう怪獣を催促するように。

アカネを本当の人間と言い聞かせて何をしようとしているのか?

グリッドマンと新世紀中学生

今回はグリッドマンが自分の考察を語るようになってきた。
完全な状態に戻ろうとしているのか?

あと1話冒頭の屋上でふけっているアカネの上に振ってきた光が
グリッドマンと新世紀中学生であることが発覚した。

マックスさんが新条家のドアを無理矢理開けるシーンと
キャリバーとアンチの決闘が印象的。

SSSS.GRIDMAN 9話

みどころ

アカネが欲しかった世界、逃げるように走るアカネ、集うように走るグリッドマン同盟、アンチとキャリバーの会話、話を切り出す六花

所感

またまた悲しい話。

アカネは汗をかかないと言う設定がされているので涙もおそらく流せない*1
だからツツジ台か代わりに泣いてくれている。

なぜ彼女が自分に都合の良い理想世界を構築したか?
ようやくグリッドマン同盟がアカネを救うべき対象と見始めたので
先の話がとても気になる。

人物

新条アカネ

上にも書いたけどツツジ台が代わりに泣いている描写が好き
それとは逆の夢の世界での楽しそうな顔も。

1話の昼食時にアカネの机にランチパックとスペシャルドッグが有るのは
裕太の好みを自分で設定したから喜んで受け取ってくれると思ったのだろうし、
六花や内海も彼女の友達になるべく作ったのに全部グリッドマンに取られてしまった。
夢の世界で全員分断して取り返そうとしたけど結局失敗
彼女が欲しいものはそのやり方では手に入らない事に気づいていない。

ただ、裕太達は本当にアカネが作った人なのかと言う疑問もある
実写加工映像の中をグリッドマンから逃げるように走るアカネや
裕太と一緒に行った墓地のシーンに謎がありそう。

あともう一つ、保健室での六花とのやり取りで
アカネは引っ越してきた設定にした事。
家が隣同士なのだから同じ中学の方が良いのに何故1学期に出会ったことにしたのか?
親が居ないと言うのも人間じゃないという証拠かもしれない。

響裕太

彼氏役だったけど別人に乗っ取られた上、
別の子が気になり始めると言うどうするのよ状態。
両親留守に設定されていたのもアカネはロマンチックな展開を夢見ていたんだろうなと。

「夢だから目覚めるんだよ、みんな同じ」

一番好きなシーンは夢の中でアカネを下の名前で呼んでいて
夢と気がついた時に「新条さん」へ戻る部分。

宝多六花

さてさて、どこまで話をするのか。

アカネとの馴れ初めについて
夢の世界ではなぜか1学期に知り合ったことにされてる。
今のツツジ台においてアカネの都合の悪いことがどこかにあったか?

海将

ボラーに蹴られた脚が痛い……
憧れのアカネと一緒にいる事より本物の友情の方を取った。

グリッドマン

グリッドキネシス、以前も夢がらみの話で使ってましたね。

新世紀中学生

ラストのキャリバーとアンチの会話が凄く好き。
グリッドマンはお前の相手なんかしない」
「何故だ!」
「お前が心を持った生き物だからだ」

尺の都合仕方が無いけどほぼ必殺ロボットとなったパワードゼノン
是非レオパルドンと戦わせたい。

アンチ

キャリバーのセリフが意味深。

アカネが作った怪獣である事は間違いないけど
キャリバーは生き物と言っている。
グリッドマンはアカネを人間と言っているが
おそらく同じ意味だと思う。

グリッドマンもキャリバーも電子生命体を等しく命として見ている。

アンチとアノシラスが会ったらどうなるか?
自分以外の「怪獣」が元々この世界にいる。

アレクシス・ケリヴ

今回面白い人、まぁ、こんな燃えてる人居ないよね。
アンチのことをはぐらかしている所に邪悪さを感じる。

裕太の記憶喪失

どこまでがアカネのシナリオ通りだったのか?
自分はイレギュラーが発生して記憶喪失が起きたと思ってる。

現実との関わり

墓地に問川家の墓があった事については
やはり2015年になにかが起きた説を推したい
その原因がアカネの可能性もあるけど。

あと9.9回のボイスドラマでほうじ茶ラテが腐っていた所からも
深読み出来そうで色々怖い。

夢との相違

アカネが3人が集まらないように接点を分断しているから多少違っているけど
それとは関係がなさそうな部分でも相違がある。

裕太:両親が夢だと居ない、1話だと出張中。
六花:夢では1学期で知り合った感じだが、六花の認識は家が近いから昔からの友達。
内海:……変わってなくね?

*1:アレクシス・ケリヴ紹介するところでちょっと涙がでているけど

SSSS.GRIDMAN 8話 感想というか補足

はじめに

改めて2、3回見直しての感想というか前回記事の補足

ヒーロー失格

正直8話の裕太と将はヒーロ失格である。
アカネから「ちゃんと止める気ある?」と言われている通り、彼らの取った行動はただのリスケ。
やる気満々、みんなが無事なら相手をしてやると言っている。

残念ながら巨大ヒーローが怪獣と戦うと街は無事では済まされない
車や街路樹をふっとばし、ビルも倒壊している。
戦うリスクがすっぽり抜けている、2話のラストで裕太自身が言った事を忘れたか?

グリッドマンと怪獣が暴れてもこの世界に傷跡は残らない。
その後始末は誰がしているか?アカネの怪獣である。
自動復旧かもしれないが、5話を見る限り止めることはできそうだ。

電光超人とSSSSの一番の違いはグリッドマンが後始末をしない事だ。
電光超人の戦闘構造は怪獣がコンピューターシステムを破壊しているので
グリッドマンは怪獣を倒すと共にシステムの復旧=フィクサービームによる修復も行う。
SSSSのグリッドマンは修復を結果的にアカネ(の怪獣)に丸投げしている。

アカネの目的が学園祭を潰す事ならば街を復旧しなければいい
街が滅茶苦茶なら学園祭所じゃない。
だが翌日何事もなく学園祭は実行されている、彼女は腐っても神だ。
自分がしたかったことを果たせず、怪獣と街をグリッドマンに無茶苦茶にされても街を直している。

神は死んだ。

SSSS.GRIDMAN 8話

見所

住民の正体判明、フルパワーグリッドマングリッドマンが出てきているのに見守るアンチ、アカネの敗北。

所感

アクションとしての爽快感とは別に非常に悲しい話。
世界については自分の予想は大ハズレで住民も作り物だった事が今回発覚する。

作り物の住民はアカネの心を満たすことは出来ない。
自分を止めてくれる事を期待したが作り物の方を取った裕太と将。
唯一答えてくれたのは六花だけどこれも作り物。

少し希望があるとするとグリッドマンと係わったり、グリッドマンに救われることによって
多少変化する住民がいること、六花も将もグリッドマンにどっぷりなワケで、
グリッドマンの力で作り物としての予定調和から外れることが出来るのかもしれない。

余談だけど主題歌がかなりネタバレですね。

人物

響裕太

出力サイズを下げて出撃干渉を回避するというのはナイスアイデア
全合体するとどうしてもスケールが合わなくなる問題は特撮版ではなんとなく誤魔化しちゃうけど。

アカネは彼をどんな目的でデザインしたか?両親3ヶ月不在もどう言う目的だったんですか?
ただ、現状の彼はお客様なのでアカネを救うことが出来るのは彼だけかもしれない。

新条アカネ

彼女が現実の人間なのか別の存在なのかはまだ不明。

自分を止めて貰いたかったけど住民を取ったグリッドマン
文化祭当日にグリッドマンが先に出てきた時のいらだちは分かる。
そういう事じゃない、最後の最後まで怪獣顕現を躊躇っていた自分がバカだった。

ここでメカグールギラスが勝ったらまた展開が違ったのだろうけど。
グリッドマン(もはやロボだけど)は強敵だった。

一部住人が自分の予定調和と離れていることは6話とか今回で少しずつ察しているとは思う。
アカネはツツジ台がどうなるかが不安だけど
グリッドマンは別にツツジ台をひっくり返しに来たんじゃない。

宝田六花

グリッドマン同盟の他の二人と違って唯一アカネに向き合った人
でも彼女を止められなかった上に出生?の秘密まで知るハメに。

ちなみにボイスドラマの8.8話はさらっと流してはいけない話
冒頭に書いたことが起因する。

(11/25 18:40追記)
将に謝る事、怪獣を倒すことに肯定的になった理由は
自分が設定によって操られているから将のことを否定したと考えている部分が多少あると思う

アンチ

グリッドマンと係わって変化した人?の一人
今回見守るだけで参戦無し。

3話で怪獣の正体は人間という話がでていたけど
住民のデザインをアカネがやっていたのならあながち間違いじゃないだろう。

ボラーは因縁付けてまでアンチを始末しようとしたけどキャリバーによって止められる
キャリバーもアンチを警戒してたけど、最終的にコミュニケーションを取る方を取った。

新世紀中学生

メンバーのツッコミ役、ボラーが目立つ話
「キャリバー、お座り」がお気に入り
アカネの「もうただのロボットじゃん」に対して
ボラーなら「お前の怪獣もロボットだろ!」ってツッコミ入れただろう。

住人

ちょっと怪しい部分が一つ、アカネが生み出した怪獣が作ったとした場合
怪獣はアレクシスが出現させているわけで
そうなるとアカネが信じていることが非常に怪しくなる。

全部が全部でなくともどっかから連れてきた人間説や前に書いたシステムに繋がれている人間を
顕現させてる可能性も否定できない。

SSSS.GRIDMAN 7話

また適当に箇条書き

見所

アカネの「何分かってない振りしてんすか」と問川宅「龍亭」で一同する面々、ビット?とレーザーによる板野リスペクト

所感

アカネが裕太を怪獣もとい懐柔しようとした時に、裕太が見る2話の象徴であるラムネ玉のシーンが印象的
わかりやすく演出するならあそこで2話の六花のセリフを挟むのだろうけど
そこをあえてしない所に六花の受け売りじゃなくて裕太自身の意志であると言う事を強調している

電光超人を知っている人なら戦闘の場面でココがコンピューターワールドである事が分かるようになっていて
かつ企画段階では上下のない世界としたかったと言う話もあり、ようやく今回でそれが実現した

登場人物全員が世界の全容を知ることになった訳で以後どうなるか

人物と世界

アンチ

自力でグリッドマンの仕組みを掴んでいる当たり非常に優秀
また、過去の戦いで空を飛ぶアシストウェポンが居なかった事から上空に本体を待機させて
ビットで相手を消耗させる作戦、仮に飛んで来ても能力コピーで対応可能かつ2対1という有利な状況を作れる
と作戦立案能力もなかなか、アレクシスが採用したのも分かる
ただ、ヴィッターがさらに優秀だったので結局ダメでしたが

怪獣が弱いという話もあるけどアンチがとどめを刺さなきゃ意味が無いので
あれは単なるアシスト用だと思ってる
あと、グリッドマンが目的だから街に直接被害出していない所がポイント

アレクシスに手負いにされた彼は果たしてどうなるか?
たぶんまた、六花が手当をすることによってグリッドマン同盟+アシストウェポンの面々が
状況の理解を進める切っ掛けになると思う

海将

グリッドマン同盟の作戦担当、アンチくんの方が一枚上手だった

いや、ヴィッターさんが飛べるの分かっていたら当然ヴィッターさんにサポートを頼んでいたでしょう
4話の時も「なら一番強い人はだれっすか?」の後も冷静に分析してマックスさんに頼んだ結果だと思う
ボラーさんに「一番強いとかなんだよ、それぞれ得手不得手があるんだよ!」って蹴られてそうだけど

新条アカネ

倒すのは無理と判断して懐柔する方に向かったか?

いや、自分と同じ「本物の人間」の友達が欲しかったんだと思う
そういえばアレクシスのセリフから「本物の人間」という言葉が出ていたけど
彼の性質から彼女も本物の人間ではない可能性、だってアンチくんでも怪獣作れたんだから
というか自分が作ってない怪獣?を見たときは彼に浮気相手がいたって感じで
相当ショックだったと思う

世界の住人が「本物の人間」じゃないから消しても問題ないと考えている様だけど
この世界の人間が100%作り物であるかは現時点では判明していないので
もし違った場合は果たしてどうなるか?

世界

つじつまを合わせるなら現実のつつじ台で大規模災害、もしかしたら怪獣による被害があって
重傷を負って意識不明になっている人の生命維持装置だったりしないか?

たとえば問川は中学生の時に被害に遭って生命維持装置に繋がれているけど
アカネによってシステムから排除されたので死亡が確定したとか

そうなるとアカネや六花、その他の住人も単なる患者でしかなくて
アカネは単に利用しやすいからアレクシスに祭り上げられた可能性

もしくはアカネは生命維持装置の精霊?でみんなの面倒を見る仕事をしていたけど
段々歪んできて自分の一存で気に入らない人をシステムから排除するようになったか

アレクシス・ケリブ

悪い人の本領発揮

学校でのアンチとアカネのやりとりを見ていた状況から
アンチに自分で怪獣を作ればグリッドマンを呼べるぞとけしかけたのだろうし
アンチが怪獣を作ったと言ってグリッドマンを懐柔しようとしたアカネを揺さぶる

ついでに憎しみの心が強いほど強い怪獣が作れるとアカネを落として起きながら
グリッドマンが勝利すれば、やっぱり「本物の人間」である君じゃなければダメと持ち上げる

そしてアンチを処分すると言っておきながら生かして逃がすという
人を手玉に取りつつ自分の思い通りにしようとする本性が見え隠れする

宝田六花

JKの姿をした神様二人目、ただし非常に限定された範囲で

パスケースちゃんと渡せるのかな
たぶんアカネの行いに一番苦悩する

アシストウェポンの面々

世界の成り立ち知らなかったんですか?皆さん
いや単に今回の狂言回しを買って出ただけだと思うのですが。

ヴィットさんがなかなかの活躍、やる気の無いアクセスコードから「悪い、遅くなったグリッドマン
そして最後の「どうかな?」でアンチを一人(一機?)で圧倒

あとボラーは内海の事相当お気に入りでしょ
6話で誰を護衛するか決めるときに立候補したと思う

追記(11/18 18:51)

見直したら裕太がJUNKSHOPから帰宅するシーンの前で歩道橋塗装工事の看板が平成27年までとなっているので
スペシャルドッグの消費期限が18年なので3年前の現実世界で重大事件があって
あの世界の住人の殆どはその被害者で現在生命維持装置に繋がれている

アカネが怪獣で殺すと維持装置から切り離されて死亡が確定する
アカネは消すと表現しているから自分以外は仮想住人という認識だが
他の住人は汗をかくのに彼女はかかないから
アカネは生命維持装置の精霊、すなわちコンポイド
汗をかく人は現実世界の患者で本物の人間

裕太=グリッドマン依代は被害者で生命維持装置に繋がれている
アレクシスはそのことを知っていてアカネをそそのかして裕太を殺害=生命維持装置から切り離しを狙っている

って感じかな?